修理しなくてもOK!火災保険で保険金をもらう方法【 平均100万円 】

火災保険で保険料をもらう方法
筆者
火災保険って、雨とか火災以外の被害にも使えるの?
壊れている箇所なんてなさそうだけど、火災保険って使えるの?
火災保険でもらったお金は修理に使わないといけないの?

この記事は築5年以上の一戸建てを所有する人の中で、特に上のような疑問を持った人に向けて書きました。

保険金の申請は、保険金を払い続けている『 あなたの当然の権利 』です。

この記事を最後まで読むことで、『 高額な火災保険を受け取る方法 』が理解できますよ。

本記事の内容

  • 火災保険は申請しないと支払われない
  • 火災保険の保険金は修理に使わないといけない?
  • 火災保険が受け取れる具体例
  • 『 実質、自己負担0円 』で調査を依頼する方法
  • 火災保険の適用調査から保険適用までの流れ
目次

火災保険は申請しないと保険金が支払われない

火災保険の申請

火災保険は被害が出たからといって、自動で保険金が支払われるわけではありません。

火災保険は「 申請主義 」、被害を申請して初めて保険金が支払われます。

火災だけでなく、雨、雪、風、雷の被害でも申請が適用可能。

また、目に見える被害がない場合でも、建物診断サービスに調査を依頼すると、火災保険が下りる場合がほとんどで築5年以上で「 約7割 」が平均100万円を受け取っています。

筆者
あなたも、知らないうちに保険金を受け取れるチャンスを逃しているかもしれません。

 

ちなみに被害箇所の保険適用期間は、被害を受けたであろう日から遡って、3年間とされています。

 

個人で火災保険で保険金を申請するのは困難です

火災保険は、個人で申請することも可能ですが、困難なポイントが7つあります。

火災保険の申請を個人でやるのは困難な7つの理由

筆者
個人で申請したとしても、曖昧な点があると申請が却下される場合も多いんです。

火災保険の保険金は、家の修理に使わなくてもいい?

火災保険は家の修理に使わないといけない?

結論から言うと、火災保険で受け取った保険金は自由に使って大丈夫です。

当然、それによって保険金詐欺などの罪にも問われません。

火災保険で保険金詐欺にあたる具体例

  • 自ら破損させた箇所を申告した場合
  • 虚偽の申告をして保険金を請求した場合

※上記2点のパターンは罪に問われる場合があるので注意してください。

つまり、使いみちはなんでもOK。

筆者
ただ、家が壊れていること自体が問題なので状態にもよりますが、個人的には修理することをオススメします。

 

火災保険で保険金が受け取れる具体例

火災保険で保険金を受け取れる具体例

火災保険で保険金を受け取るには、条件がいくつかあります。

下の例を確認してください。

  • 被害から3年以内の破損箇所
  • 大規模災害は3年を超えても大丈夫な場合あり
  • 火災保険を使わず補修してしまった箇所もOK

 

筆者コメント
自動車保険のように、火災保険には等級制度はないため、何度申請しても、掛け金は一切あがりません。

 

火災保険で保険料を受け取るための調査を『 実質、自己負担0円 』でする方法

火災保険の申請をする方法

今回は『 おうちの保険相談センター 』というサービスを紹介します。

このサービスでは、過去の調査で下画像のような実績を持っています。

お家の保険相談の実績

また、一見なんの被害もないような住宅でも、築5年以上の一戸建ての、約70%以上で「 平均100万円 」の保険料を請求させた実績があります。

筆者コメント
こちらのサービスを利用すれば、まず間違いないですよ。
さらに今なら無料調査+アンケートで全員「 5,000円 」がもらえるキャンペーンを行っています。

無料で依頼➡おうちの保険相談センター

修理しなくてもOK!火災保険で保険金をもらう方法【 平均100万円 】まとめ

今回は、火災保険で保険金をもらう方法を記事にしました。

受け取った保険金は、家の修理に使わなくても問題ありません。

個人での申請も可能ですが、労力がかかる上に、申請内容が曖昧だったり、不備があったりすると申請が却下されてしまいます。

筆者コメント
プロの業者に依頼すれば、高確率で高額な保険料が受け取れますよ。

【 無料 】火災保険の申請を依頼してみる

関連記事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる