家を売るときに知っておくべきこと【初心者が陥りやすい5つの間違い】

家を売るときに知っておくべきこと

あなたの選択によって、家の売りやすさや金額には差が出てきます。

家を売るときに、失敗しないためのポイントを解説していきます。

 

家をできるだけ高く売りたい。

売るときに気をつけることってある?

住み替え先の家選びで失敗したくない。

この記事はこんな悩みを持った方に向けて書いています。

 

家を売るときは、査定額が最も高い仲介業者を選ぶ【これ間違いです】

家を売るときに仲介業者をどこにするか悩んだら、提示金額の高さよりも査定根拠の確かさと信頼できる営業マンかを基準にして複数の仲介業者から選びましょう。

 

なぜなら、仲介業者は自社を選んでもらうために、まずは相場より高い査定額を提示し、後から値下げ提案してくる会社もあるからです。

 

理想の売却価格で家を販売するためには、最初に提示される価格ではなく信頼できる仲介業者(営業マン)と出会うことが重要です。

 

実際に営業と話しをしてみて、地域の情報や相場などの情報に詳しいか、人柄は誠実かなど営業をよく見て仲介業者を選びましょう。

 

家を売るときは、売却期間を長くする【これ間違いです】

家を売るときは、売却期間の目安は半年程度にしましょう。

 

理由は、いつまでも買い手がつかない物件という印象を与える可能性があるからです。

 

また、「子どもの進学」や「転勤までに」など動かせない期限があるときは始動期間を早めるべきでしょう。

 

売却期間は半年を目安にしましょう。

 

家を売るときは、仲介会社は1社しか使わない【これ間違いです】

家を売るときは複数社を並行して依頼しましょう。

 

複数社に依頼することで、信頼できる営業担当を見つけることが可能です。

 

しかし、既に信頼できる営業マンに出会えている場合は1社に絞ってしまいましょう。1社に絞ってより細かく情報交換をし、進捗状況次第で価格改定などをしていきましょう。

 

仲介業者との契約期間は最長3ヶ月です。まずは複数社に販売活動を依頼しましょう。

 

 

家を売るときは、個人より法人の方が高く買ってくれる【これ間違いです】

家を売るときは、法人に売る場合はリスクが少ないですが高くは売れにくいです。

 

なぜなら、法人の場合工事や再販が目的なので、価格などの条件が厳しくなりがちだからです。

 

ただ、法人の場合はメリットもあって「住宅ローンが借りられなかったから売買契約を破棄する」といったリスクが減ります。

 

必ずではないですが、基本的には法人よりも個人のほうが高く買い取ってくれる可能性が高いということは覚えておきましょう。

 

家を売るときは、売却前にクリーニングやリフォームは必須【これ間違いです】

家を売るときは、必ずしもクリーニングやリフォームをすればいいというわけではありません。

 

理由は、売却価格にクリーニングやリフォーム代を反映できるとは限らないからです。

 

特にリフォームは、買い手の好みに合わない場合もあるのでやり損になってしまう可能性もあります。

 

汚れや破損が目立つ場合はまずは仲介業者の営業マンに相談してみましょう。

 

とはいえ、今すぐ不動産を売却したいと悩んでいる方は、戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定を無料でできるサイトを紹介します。

売却査定依頼はこちら

 

家を売った後に新しい家選びで失敗したくない人へ

住み替えで家を売る場合は、次に住む家を同時に探さないといけませんね。

 

そういった方に向けて、家選び絶対に失敗したくない人へという記事を書いてますので、こちらの記事も参考にしてみてください。

 

家を売るときに知っておくべきこと【不動産売却5つの間違い】まとめ

家を売るとなると大きな金額が動くので、絶対に失敗したくないですよね。

 

なるべく高く売りたいし、できれば早く売ってしまいたいと思います。

 

様々な選択肢がありますが、高く売りたい場合は良い営業マンのいる仲介業者を選ぶことが重要になります。

 

みなさんにとって後悔のない不動産売却になることを私も祈っています。

 

売却査定依頼はこちら