三井ホームのメリットとデメリット【口コミ・評判も紹介】

三井ホームのメリット・デメリット
筆者
注文住宅を建てたい。
三井ホームの特徴は?
予算はどれくらい必要?

こんな人に向けて記事を書きました。

本記事の内容

  • 三井ホームの特徴
  • 三井ホームの坪単価
  • 三井ホームの評判・口コミ
  • 三井ホームの注文住宅がおすすめの人

本記事の信頼性
本記事の信憑性

Twitter:てつFollow Me
新築を買った経験をもとに書いてます

●この記事を書いている僕は、新築を買うまで3年悩んで情報を集めました。
●ハウスメーカー20社訪問、資料請求30社以上。

三井ホームの特徴

三井ホーム外観

三井ホームの特徴を解説していきます。

プレミアムモノコック構法で地震に強い家

プレミアムモノコック構法
三井ホームは、ツーバイフォー工法を日本で1番最初に始めたメーカーです。

そしてツーバイフォー工法を更に進化させたプレミアムモノコック構法も開発しています。

プレミアムモノコック構法の特徴

  • 耐震性が高い
  • 外観の自由度が高くデザイン性が高い
  • 断熱性・気密性・耐久性が高い

デメリットは間取りの自由度が低いことです。

全空間システムスマートブリーズ

スマートブリーズ
全空間空調システムは電気代はかかりますが、年中快適な空間で暮らすことができます。

スマートブリーズの特徴

  • 全ての部屋で快適な温度と湿度が保たれる
  • 廊下やお風呂場も快適に過ごせる
  • ホコリ・花粉・PM2.5・カビの侵入を防ぐ
  • 電気代はエアコンよりも高い
  • 年間1万円のメンテナンス費用が必要
  • 耐久年数は30年間
筆者コメント
メンテナンス費用とフィルターの交換などの面倒、年中快適な環境を作りたいなら検討しましょう。

また、三菱地所ホームの全空間空調システムも同じような性能です。

全館空調を検討中の方はこちらも確認してみましょう。

三井ホームのメリット

三井ホーム内装
まずは三井ホームのメリットをみていきましょう。

デザイン力が高い注文住宅が建てれる

三井ホームで注文住宅を建てる最大のメリットはデザイン力が高い住宅を建てられることです。

三井ホームでは社外のインテリアコーディネーターと建築士と一緒に家づくりができるのでハイセンスな住宅を手に入れられます。

筆者
企画力や設計力は独立している建築士はレベルが違うようです。

三井ホームはデザインだけでなく、性能もしっかりした良い家を建ててます。

外観がお洒落な家を建てたいなら三井ホームを候補に入れましょう。

三井ホームのデメリット

三井ホームデメリット
どのハウスメーカーも、メリットだけでなくデメリットがあります。

次に三井ホームのデメリットも確認して、理想の家が建てられるか考えていきましょう。

建築費用が高い

三井ホームで注文住宅をたてるなら建築費用は覚悟しておきましょう。

初期費用自体が高額ですが、オプションも高くつきます。

建築費用を抑えるための対策

  • 希望予算を営業に伝えておく
  • オプションは極力削る
  • テレビ台など用意できるものは自分で用意する

三井ホームの建築費用が不安な方は、他社と比較して値引き交渉にも使える一括見積もりをしておきましょう。

ネットでサクッと見積もりや間取りプランが、無料でもらえるタウンライフというサイトがあります。

112万人以上がタウンライフを利用して家づくりに役立ててますので、活用してみてください。

スマホで5分もあれば申し込みも完了します。

【 無料 】一括資料請求をしてみる

契約前に詳細な見積書が出されない

見積書
三井ホームは、契約するまで詳細な見積書が出てこない場合が多いようです。

詳細な見積もりがないと困ること

  • 費用の調整でどこを削ればいいかわからない
  • 契約後に追加料金が発生する危険がある
  • 会社側に都合の良い調整をされる危険がある
  • 電気代はエアコンよりも高い

三井ホームの営業マンは優秀で紳士的ですが油断したらいけません。

相手は家を売るプロ、会社に利益を出すことを当然考えています。

営業マンを信用しすぎると痛い目にあいますよ。

筆者
私もハイムの営業マンを信用していましたが、言ってたことと違う点が数点…。

最終的に損をしないために、三井ホームと契約するまえに、必ず詳細な見積もりは出してもらいましょう。

三井ホームのアフターサービス

アフターサービス
三井ホームでは「30年保証」とHPに書いてあります。

しかし、確認すると「10年間の初期保証+三井ホームが指定した有料補修を行なった場合のみ10年ごとに最大30年まで延長保証」ということでしたので、初期保証自体は「国の定める瑕疵担保責任の10年」と同等となります。

筆者コメント
大手ハウスメーカーの中では「20年の初期保証」の会社もあり悪くはない内容です。

三井ホームの坪単価

坪単価
三井ホームの坪単価は60万円~100万円程度です。

三井ホームでは規格型・準規格型・自由設計の3つに分かれています。

3つの中からどれを選ぶかで、坪単価は変わってきます。

それでは、それぞれの坪単価と特徴を見ていきましょう。

準規格型住宅の坪単価と特徴

準規格型住宅の坪単価は65万~75万円程度です。

規格型住宅と異なり間取りの変更もできるのが準規格型住宅になります。

少し坪単価が上がる分希望に対して融通が聞くようになります。

ただ、この坪単価だと完全自由設計に対応してるハウスメーカーはたくさんあります。

筆者コメント
他のハウスメーカーの住宅プランも比較してみて、準規格型住宅がいちばん魅力的か検討してみましょう。

自由設計の坪単価と特徴

自由設計の坪単価は75万~100万円程度です。

三井ホーム1番のメリット「外部のインテリアコーディネーター、建築士」と注文住宅が作れます。

プレミアムモノコック構法で間取りの自由度は高くないものの、外観や内装に関しては他社よりレベルが高い提案力がありますね。

こだわれば坪単価100万は当たり前で、200万円以上も平気で超えるので気をつけましょう。

資金に余裕があり、外観内装のデザインにこだわりたい方は三井ホームの自由設計を検討してみましょう。

規格型住宅の坪単価と特徴

規格型住宅は自由度はほぼありません。

悪くいうと、建売り住宅を買うようなイメージになります。

絶対に三井ホームで注文住宅を建てたいけど、資金に余裕はない方にはおすすめです。

もちろん三井ホームの注文住宅なので、そのへんの建売住宅と比べると、デザイン性は抜群です。

筆者
三井ホーム最大のメリット、外部のインテリアコーディネーター・建築士と一緒にお洒落な家を建てることはできないので、規格型住宅を選ぶくらいなら、別メーカーを検討してもいいかもしれません。

三井ホームの評判・口コミ

私が独自にTwitterで集めた三井ホームの口コミなどの評判を紹介します。

筆者(てつ)のTwitterアカウントはこちら

男性口コミ・評判
値段はそれなりにかかります。しかし、デザインよし、住心地よしで家族も私も大満足です。営業マンも設計士も現場監督も親切でした。もしもう一度家を建てることになっても私は三井ホームで建てますし、周りにも勧められます。
女性の評判口コミ
一昨年三井ホームで家を買いました。私のこだわりの間取りを営業の人がしっかり反映してくれました。私にとって家事動線も完璧で住心地やデザインにも不満はありません。でも一番の決めては営業さんです。
男性口コミ・評判
住宅展示場にいったときに内装について相談してもらったのですが、営業の方の「この方がいい!」という思いが強くこのハウスメーカーでは自分の作りたい家が作れないと思い他のメーカーで家を建てることにしました。

三井ホームの注文住宅がおすすめの人

「三井ホームでの建築が向いている人」

  • 予算に余裕がある方
  • 外観、内装の「デザイン性」を重視したマイホーム計画の方
  • 断熱性や耐震性にもこだわりたい方
筆者コメント
このような人は、三井ホームの注文住宅が向いていると考えられます。

ハウスメーカー選びの第一歩は資料請求から

ハウスメーカーへの資料請求

見積もりを取るのに展示場に足を運ぶ必要はありません。

ネットでサクッと見積もりや間取りプランが、無料でもらえるタウンライフというサイトがあります。

複数のハウスメーカーの見積もりを一括オーダーできるので便利ですよ。

112万人以上がタウンライフを利用して家づくりに役立ててますので、活用してみてください。

スマホで5分もあれば申し込みも完了します。

【 無料 】一括資料請求をしてみる
関連記事