住友不動産で注文住宅を建てるメリット・デメリット【評判と口コミ】

住友不動産のメリット・デメリット
筆者
注文住宅を建てたい。
住友不動産の特徴は?
予算はどれくらい必要?

こんな人に向けて記事を書きました。

本記事の内容

  • 住友不動産の特徴
  • 住友不動産の坪単価
  • 住友不動産の評判・口コミ
  • 住友不動産の注文住宅がおすすめの人

本記事の信頼性
本記事の信憑性

Twitter:てつFollow Me
新築を買った経験をもとに書いてます

●この記事を書いている僕は、新築を買うまで3年悩んで情報を集めました。
●ハウスメーカー20社訪問、資料請求30社以上。
目次

住友不動産の特徴

住友不動産の特徴
住友不動産は、注文住宅に関わらず、さまざまな事業を展開する企業です。

今回は住友不動産で注文住宅を建てる方向けに、メリット・デメリットを解説していきます。

住友不動産の特徴

  • 新築住宅以外にもリフォームや土地探しもできる
  • 耐震性能が高い家作りをしている
  • 省エネ性能の高い家作りができる
  • デザイン性が高い家作りをしている

1個ずつ簡単に解説していきます。

新築住宅以外にもリフォームや土地探しもできる

住友不動産のリフォーム
住友不動産は新築住宅はもちろん、リフォームや土地探しまで対応している会社です。

土地仲介からリフォームまでオールマイティーに対応できる住友不動産は、経験も技術も兼ね備えた優良住宅会社と言えるでしょう。

家作りをしたいけど、土地をもってないない方にはピッタリなハウスメーカーです。

筆者
注文住宅を建てた数十年後、リフォームするとなったとき建てた会社と同じハウスメーカーに頼めるのは安心ですね。

耐震性能が高い家作りをしている

住友不動産の耐震性能

住友不動産の特徴としてまず、地震に強い家づくりが挙げられます。

住友不動産ではツーバイフォーよりも、地震に強いSPW構法(スーパーパワーウォール)を実現。

※SPW構法とは、ツーバイフォー工法の外壁の下地として使う材料をより強度の高いものにすることで、更に耐震性能が高くなる構法です。

日本に住む以上、地震は避けられません。

筆者
耐震性能が低いと、せっかく家を買った家が壊れてしまったり、家族を危険にさらしてしまうことになるかもしれません。
実際に耐震性能の高さが決めてで、住友不動産を選ぶ人もいるそうです。

しかし、SPW構法のデメリットとして、外壁の選択肢が限られてしまいます。

筆者
外観のこだわりのある方は多少妥協せざるおえなくなるかもしれませんね。

省エネ性能の高い家作りゼロエネルギーハウス(ZEH住宅)

住友不動産の太陽光

※ゼロエネルギーハウス(ZEH住宅)とは、断熱性能等を向上させ、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入し、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」のこと。

住友不動産は、環境にもやさしく光熱費を抑えれる「ゼロエネルギーハウス」に力を入れています。

筆者コメント
省エネ性能で家を選ぶなら、住友不動産を選択肢に入れておきましょう。

デザイン性が高い家作りをしている

住友不動産の外観

住友不動産では、高い耐震性能や省エネ性能に力をいれつつ、デザイン性が高い家作りをすることができます。

なんと、住友不動産ではグッドデザイン賞を連続4回受賞するほどの実績を持っています。

デザイン性の高い多くの人に評価される注文住宅を作り続けているハウスメーカーといえますね。

もちろん機能性、間取りの配置などにもこだわって、住みやすい住宅を提供してくれます。

他のハウスメーカーと比較したとき、住友不動産はデザイン性に突出した特徴がありますね。

筆者コメント
4回のグッドデザイン賞がそれを物語っていますね。

住友不動産の特徴メリット編

住友不動産のメリット

住友不動産で注文住宅を建てるメリットを紹介します。

営業マンが接しやすい

意外かもしれませんが、営業マンでハウスメーカーを決めたという人は少なくありません。

住友不動産で実際に建てた人の口コミを見ていると、営業マンが感じが良く接しやすいとの声が多くみられました。

筆者コメント
実際、私も住友不動産の営業マンと話をしたことがありますが、その方も性格は明るく、しっかりとした知識を持っていました。

やはり、誠実な営業マンが自信を持って何でも答えてくれると安心できますよね。

※どこのメーカーでもいえることですが、万が一、営業マンが合わない場合はすぐに担当を変えてもらいましょう。
筆者
私も営業を変えてもらった経験があります。良い家作りをするために、一緒に家作りをしたいと思える営業マンを見つけるべきです。

その他にも、特徴で上げた、耐震性能、デザイン性、省エネ性などが、住友不動産で注文住宅を建てるメリットになります。

住友不動産の特徴デメリット編

住友不動産のデメリット

どんな大手ハウスメーカーでもデメリットはあります。

住友不動産のメリットとデメリット、どちらも知った上であなたに合った家作りをしていきましょう。

オプション料金が高い

住友不動産のデメリットはオプション料金が高いこと。

口コミなどを見ても、オプションなしではなかなか満足のいく家作りはできないようです。

そこで、オプションをつけることになるのですが、料金が高いという評判が多いようでした。

筆者コメント
たとえオプション料が高くても、それ相応の家を作ることができ、満足できれば問題ないんですけどね。

家を建てるのは下請け会社

大手ハウスメーカーのほとんどが家作りは下請け業者に依頼します。

※住友不動産でも実際に家を建てるのは、下請けの工務店になります。

なので、下請け会社の技術力によって家の出来や性能に差が出てしまうことも…。

自分の建てる家がハズレを引いてしまった場合、当然満足のいく家作りはできません。

なので下請け会社ともコミュニケーションや打ち合わせを行うこと、実際現場にいって工事の様子を見るなどすれば、緊張感を持って仕事をしてくれますよ。

工事責任者の住友不動産の社員には、特に事前打ち合わせなどをしておきましょう。

筆者
トラブルが起きてからでは、遅いですからね・・・。

住友不動産の特徴アフターサービス

アフターサービス

住友不動産のアフターサービス

住友不動産の特徴

  • 最長20年保証
  • 3ヶ月点検、6ヶ月点検、1年点検、2年点検
  • 不具合があった時などは、保証期間に関係なくサポート
筆者コメント
住友不動産は、アフターサービスが充実しているハウスメーカーですよ。

住友不動産の坪単価は60〜70万円と言われています。

しかし、ハウスメーカーの参考坪単価はメーカーによって、含まれる設備やオプションがまばらで参考になりにくいのが実情です。

つまり、坪単価だけで、ハウスメーカーの価格を比べるのはムリがあります。

まずは別メーカーも含めた、一括見積りを出してもらって、実際にかかる費用を比べてみましょう。

【 無料 】一括資料請求をしてみる

住友不動産の評判・口コミ

私が独自にTwitterで集めた住友不動産の口コミなどの評判を紹介します。

筆者(てつ)のTwitterアカウントはこちら

男性口コミ・評判
外観や内装は気に入っています。大手ハウスメーカーにしては低価格に見えるが、オプションをいろいろつけると最終的には高額になる仕組みです。安いから住友不動産にしたいという方には勧めれません。
女性の評判口コミ
私が当たった営業さんはとても親身になって相談に乗ってくれて、金額交渉もできましたが、知り合いの当たった営業さんは全然違う対応だったということです。営業マンによってサービスや金額に差が出やすいハウスメーカーなのかなと感じました。
男性口コミ・評判
住友不動産で家を建てました。デザイン性と価格が決めてでした。入居者見学会で実際のデザインを確認したときにここにしようと決断しました。しかも予算内で建てれていて大満足です。

住友不動産の注文住宅がおすすめの人

「住友不動産での建築が向いている人」

  • デザイン性と間取りの便利さにこだわりたい方
  • 耐震性能を重視したい方
  • 省エネ性能の高い家に住みたい方
筆者コメント
このような人は、住友不動産の注文住宅が向いていると考えられます。

ハウスメーカー選びの第一歩は資料請求から

ハウスメーカーへの資料請求

見積もりを取るのに展示場に足を運ぶ必要はありません。

ネットでサクッと見積もりや間取りプランが、無料でもらえるタウンライフというサイトがあります。

複数のハウスメーカーの見積もりを一括オーダーできるので便利ですよ。

112万人以上がタウンライフを利用して家づくりに役立ててますので、活用してみてください。

スマホで5分もあれば申し込みも完了します。

【 無料 】一括資料請求をしてみる
●関連記事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる